もう限界!嫁は被害妄想性人格障害だった!

006

さて、連日のとおり、嫁の被害妄想が止まりません。

我が家の場合、なにが一番ひどいかというと、、、

私が、嫁の姉を好きなのではないか?という被害妄想がとまりません。

ここで、断っておきますが私と、義理の姉とは

いままでに3,4回くらいしか合ったことありません。

そして、二人きりで合ったことなど到底ありません。

いずれの場合も、正月に親戚で集まったりとかしかありません。

電話番号すら知りません。

 

それなのに、嫁は、

「姉の話をするときは、やたらと嬉しそう」

「姉と話をしていたら、涙目になった」

「嫁の話をしていたら、声がうわずった」

「嫁の話をしたら、鼻息が荒くなった」

 

こんなことで、連日連夜、責め立てられるのです。

 

ネットで調べていたら、これは被害妄想性人格障害というのにぴったりあてはまります。

普段では、考えられないような理由で、不倫を疑ったり、

自分の身の回りの人間から、つねに攻撃されているなど勘違いを起こすのです。

 

 

更に、嫁の場合は、

嫁の母や、嫁の姉からいじめられている!という被害妄想が激しいです。

「実の母親から、ものすごい剣幕で睨んできた、、、」などと、頻繁にありえることでしょうか?

嫁は、実際に実の母親と、縁を切ろうとしていたくらいです。

 

 

そして、嫁の口癖は、

「私達は、離婚したほうが子供のため」

「離婚したほうが、お互いに良い」

などと言われます。

 

あまりにも、くだらないことで、嫁の姉のことを疑って来るので、

私もついに、嫁から「離婚したほうがいいんとちがう?」

と聞かれた時に、

「そやな!」

と言ってしまいました。

嫁も「うん」といった了解しています。

 

いつもなら、ここで私が

すぐ謝るか、翌日あたりに謝るのがオチでした。

しかし、今回は本当に離婚しようかな、、、という気持ちになっています。

コメントを残す