被害妄想性人格障害は、本人は病気だとは思っていない

008

自分の両親に、結婚して5年半のことを言いました。

もちろん被害妄想性人格障害についてもです。

親は驚いていましたが、とりあえず病院に行って薬を飲ませたほうがいいとのこと、、、

実家に1泊して翌日の18時に帰りました。
そして、嫁に、話をしてみたのです。

「病院に行ったほうがいい」と、、、

すると、嫁は「私は病気なんかじゃない」

これです困ったのは、、、

なおさら、離婚する決意が高まったような気がします。

このまま我慢を10年20年と続けても、
嫁の人格が元に戻るなんて保証はどこにもないのです。

というか、それまでに我慢ができずに、また離婚、離婚ともうお互いに言うことでしょう。
なにより、子供の前で、喧嘩ばかりするのも悪いなと思います、、、

もう、すでに後戻りできない状態になっていたようです。

ネットでちょっと調べてみたのですが、この被害妄想性人格障害とういのは、
精神科医も困らせる病気のようです。

なぜなら、精神科医が「あなたは被害妄想性人格障害です」と診断しても

本人は「そうではない」といって病院を変えてしまうからだそう、、、、

専門家もお手上げなのに、俺にはなおさら無理だと思う、、、

うまく付き合って治ったなんて人はいるのだろうか?
程度の強さにもようるのだろうけど、、、

コメントを残す