なんとか、離婚の危機を回避しました。

009

離婚直前でしたが、結局は離婚解消となりました。

いきさつとしてはこうです。

午前中の仕事が終わり、自宅に帰ってきました。

そして、連日通りの険悪ムードの状態でした。

そして、後で離婚届を市役所に取りにいく段取りだったのです。

ただ、嫁さんがちょっと自由に動きたいので、子供を市役所に一緒に連れて行ってとのことでした。

そして昼ごはんを食べたあとに子供が寝てしまったのです。

それから、2人でグチグチといままでのことを言い合っていたときのことです。

嫁さんの被害妄想性人格障害で、一番気になっているポイントは、

私が、嫁の姉のことが好きなのではないか?

という点です。

いつものとおり、嫁が「あなたは私を裏切り続けてきた。
だって姉のことを好きなんでしょ?だっていつも姉の話をするときはニコニコ嬉しそうだから、、、」

と言ってきたのです。
もちろん、ただの被害妄想です。

ここだけの話、本当のことを言えば、職場に女性がいるのですが、
その子がとても優しいので、癒やされていたのです。
なので、嫁さんからガミガミ言われている時に、その子のことを思い出しては
なんか顔に出てしまっていたようです。

それを嫁は、姉のことを想っている!と勘違いしてややこしくなっていたのです。

あらためて、「ニコニコしてたのは何?」
と聞かれた時に、職場の女の子のことを思い出していて、、、
なんて言おうものなら、余計に話をややこしくしかねないので

芸能人の「平愛梨ちゃんのことを思い出してニコニコしてたんだ」
と言いました。

すると、嫁にはそれが功を奏したらしく
芸能人ならいいようです。
あくまでも、嫁の姉に対する思いが強すぎてしまうのです。

それから、お互いがちょっと許せるようになり
話をしていたら、離婚解消にめでたくなりました。

この2015年3月6日の夜から9日の昼まで、もめていたことは地獄のような思いでしたね。
とりあえず、お互いの親に、離婚回避したことを無事に伝えて終了となりました。

この、体験談は誰かの役に立ちますでしょうか?(^_^;)
また経過を報告したいと思います!

コメントを残す