嫁にうつ病の本を読ませることに成功!強迫観念と一致!

010

最近では、うつ病関連の本を読むことが多くなりました。

というのも、嫁がうつ病だからです。

といっても、うつ病の家族がどのように向き合うと良いのか?というような本を読むことが多いです。

昨日、図書館に行った時に、「女性のうつ病がわかる本」という本が目に止まりました。

内容も読みやすい感じだったので、「これ、嫁が自分で読んでくれないかな~」
なんてかすかな期待をもちつつ、借りて帰ることにしました。

そして、嫁に見せた所

「ヒマがあったら読んでみる」とのこと

そしてそのままこたつにおいていたのですが、数分後には本を読んでいました。

これで、なにか回復のきっかけになればいいなと思っていました。

すると、嫁から「私はこれだ!!」と言われたのが

”うつ病と間違えやすい強迫観念”というものでした。

これは、不安、恐れ、怒り、性的、不潔などのことが気になりだしたら止まらないというものです。

また、行動も嫁とピッタリ一致します。

あきれかえるほどの潔癖症で、手をしょっちゅうあらっているのです。

ひどいときは、靴を買ってきて気に入らないことがあると、一度も履かずに捨ててしまったりします。

そんな、ちょっとスッキリとした強迫観念ですが、うつ病の部分もあてはまるところがあります。

ゴロゴロとやる気がなく、1日じゅう寝ていたり、死にたいなどと口にしたりなどです。

おそらく、うつ症状が出たり引っ込んだりしているのではないかと、、、

そして、一番厄介なのが、僕が、義理の姉のことを好きなのではないか?という脅迫観念です。

とにかくこれをなんとかしなければ、私の明るい未来は永遠にこないでしょう。。。
なんとか改善方法を見つけるべく今日も、がんばります(^_^;)

コメントを残す