嫁のひどすぎる勘違い!保母さんが好きに、、、

020

嫁の勘違いには、ほとほと呆れ果てます。

昨日もあることを理由に5時間ほど話し合いをするはめになりました。

その”あること”とは、もうすぐ3歳になる子供を保育園に通わせているのですが、

そこの保母さんが、僕のことを好きかもしれない、、というのです。

当然、強迫観念が強く、異常なまでの嫉妬心がある嫁ですからそれだけで済むはずがありません。 そこから、僕もその保母さんのことが好きなのではないか?というしょーもない勘違いを始めるのです。

なぜ、そのように勘違いしたのかというと、嫁いわくその保母さんの話をするたびに

僕がニヤついていたなどと言っているのです。

僕はただ、嫁と話しをするときに、うっとしいので表情に出さないように

にこやかに話を聞くように気をつけているだけなのですが、、、、

それを説明しても、「保母さんの話をするたびにニヤついていた」といって聞きません。

また、その保母さんも、嫁が送り迎えをするたびに、

「ご主人が迎えにこられないのですか?」と聞いたりしたようです。

嫁はこれにも過剰に敏感になり、「やっぱり主人に気があるんじゃないの?」なんて思っています。

これにも理由があり、最初は僕が子供の送り迎えを3ヶ月ほどずっとやっていました。

なぜなら、嫁が送り迎えをしたくないと言っていたのが理由です。

また、保母さんが不機嫌そうにしていた、、、

など、僕から言わせればおそらく勘違いなのでしょうが、

強迫観念&うつ気味の人間とういのは、どうもすぐに被害妄想が発生してしまい困ってしまいます。

それで話し合いのときに「違うんじゃないかな~」とか

「気にしないほうがいいよ」なっていっても、聞く耳ももちません。

ほとほと疲れました、、、嫁がこのような状態になると生き地獄になりますが、

いったいいつまで続くのでしょうか、、、

コメントを残す